Tea craft worksの日本茶について

朝霧が立ち込める青々とした茶畑
朝日が差し込み、茶葉たちは一斉に輝きだします。

鳥のさえずりが響き渡る山あいの茶畑でTea craft worksのお茶は育ちます。

朝霧がたつような、日夜の寒暖差が激しく、春から夏にかけて充分な日照量がある地域のお茶はとても良いものができます。

お茶イメージ

Tea craft worksのお茶は長崎 彼杵(そのぎ)から佐賀 嬉野地区で生産されています。

なだらかな山間の地で昼夜の温度差や日照量など
お茶づくりの環境に良く適しています。

茶畑イメージ

摘み取った茶葉は、その日のうちに地域の契約した加工場にて荒茶として加工を行います。

加工場イメージ 加工場イメージ

その後火入れ加工を行い、皆さんのよく知るお茶の状態に仕上げていきます。

加工場イメージ 加工場イメージ 加工場イメージ

こうして、皆様のもとにおいしいお茶を届けることができるのです。