Tea craft worksの日本茶の淹れ方

Tea craft worksからのお願い

Tea craft worksのパッケージには淹れ方のコツを書いていますが
細かく書かないようにしています

日本茶は同じ茶葉の量、同じ水、同じ時間で淹れても一人ひとり味が違います

それはきっと、淹れるときに一人ひとりの心が入るからだと思います

日本茶を淹れるには特別な技術や道具は必要ありません

ただただ、飲む人のことを考えて淹れてあげてください

心を込めて淹れた日本茶は、きっとなによりもおいしいものになります

◆緑茶◆

緑茶淹れ方1 緑茶淹れ方2

どんな時でも愉しんでもらうために、イラストは茶碗ではなくマグカップにしています

もちろん急須や茶わんでもお楽しみください

Tea craft worksの緑茶はうまみと甘みを感じるお茶になっています

少し低めの温度で淹れるのがポイントです

お湯の温度を下げるときは、別のカップにお湯を注ぐと約10度下がるので
熱湯の場合は2回カップを移し替えると70度程度まで温度が下がります

または、お湯を沸かして、気泡が立ち始めた頃が約60度です

◆ほうじ茶◆

ほうじ茶淹れ方1 ほうじ茶淹れ方2

どんな時でも愉しんでもらうために、イラストは茶碗ではなくマグカップにしています

もちろん急須や茶わんでもお楽しみください

味と香りをバランスよく愉しめるほうじ茶に仕上げています

熱い温度でさっと淹れるのがポイントです

お湯の温度を下げるときは、別のカップにお湯を注ぐと約10度下がるので
熱湯の場合は1回カップを移し替えると90度程度まで温度が下がります

◆和紅茶◆

和紅茶淹れ方1 和紅茶淹れ方2

和紅茶は、紅茶に使われる品種と緑茶に使われる品種を掛け合わせた ”べにふうき” という品種から作った紅茶です

紅茶のポイントは「熱湯を使うこと」と、「淹れている間温度を下げないこと」です

そのためにも、カップを温めておいたり、ソーサーを使ったりします

和紅茶淹れ方3

ポットの時は、ティーコジーなどを使いましょう

濃いめが好きな方は、時間を長めにしてください

◆水出し冷茶◆

水出し淹れ方1 水出し淹れ方2

水出し冷茶は、簡単に作れます

お湯から急冷して作るお茶と比べて、まろやかになるのが特徴です

お好みの濃さになったら、ティーバッグを取り出してください

Tea craft worksの冷茶は、抹茶をブレンドすることで、飲み口が引き締まり味をはっきりさせています