十五夜 十三夜

秋の風物詩と言えば、月見ですね。

月見を行う日は、9月ごろには中秋の名月と呼ばれる十五夜、10月ごろには十三夜と呼ばれています。

それぞれ月の見ごろと言われていますが、なぜそう呼ばれるようになったのでしょうか。

十五夜

そもそも十五というのは月齢を指します。
月齢は新月(月が全く見えない状態)を1として順になっており、満月は15日目となります。

ただ、十五夜というと一般的に旧暦八月の十五夜を指します。
これは、この時期の満月が一番美しいと言われているからで、このころにお月見をする習慣が広まりました。

十三夜

十三夜も同じく月齢を指す言葉で、こちらは旧暦九月の十三夜を指し、別名後の月と呼ばれています。

十五夜と同じく満月が美しい日で、昔は十五夜と十三夜セットでお月見をするのが一般的で、どちらか一方だと「片見月」と呼ばれ、縁起の悪いことだと言われていました。

今は十五夜だけを行うことが多いですが、十三夜には晴れることが多いので、日本茶を片手に両方の月を楽しむのもいいかもしれません。