七五三

七五三は旧暦11月15日に子供の成長を願って神社や寺に詣でる年中行事です。
女の子は数え年の3歳と7歳、男の子は5歳と、それぞれの年齢で行います。

なぜ11月に行うかは諸説ありますが、旧暦11月は霜月(霜の降りる月)と呼ばれるのと同時に、収穫を終えてその実りを神に感謝する「食物月」とも呼ばれているので、その月の満月(15日)に実りの感謝と子供の成長の感謝を込めて行われ始めたのではないかと言われています。

七五三では、長寿の願いを込めて千歳飴をいただきますが、日本茶も茶の木が地中深くまで根付くということから、物事が長く続くということにかけて縁起の良いものとして扱われてきた経緯があります。

七五三詣でのあとは、家族みんなで日本茶でお祝いをあげてはいかがでしょうか。