お茶の種類

お茶の種類は「発酵」で分ける

緑茶、紅茶、ウーロン茶。様々なお茶がありますが、すべて同じ「チャの樹」から作られます。では、どこで味わいの違いが出るのでしょうか。


答えは製造の過程と発酵の違いです。

 

お茶の「発酵」とはヨーグルトなどの微生物を使ったものと違い、酸素に触れることによっておこる「酸化発酵」と呼ばれます。
この酸化発酵は、熱が加わるとそこで発酵が止まるという特徴があります。

緑茶
製造工程

  1. 茶葉を加熱する(蒸す、炒る)
  2. 揉む
  3. 乾かす

すぐに茶葉を加熱するため、ほとんど発酵をしません。不発酵茶とも呼ばれます。
栽培方法や使う部位などで煎茶や玉露、ほうじ茶などに変わります。

ウーロン茶
製造工程

  1. 茶葉をしおれさせる(酸化発酵)
  2. 炒る
  3. 揉む
  4. 乾かす

茶葉をしおれさせる工程の時間によってさまざまな種類に分かれます。

紅茶
製造工程

  1. 茶葉をしおれさせる
  2. 揉む
  3. 再度しおれさせる
  4. 乾かす

工程の中で加熱をしないため、完全に発酵します。

また、酸化発酵ではなく、微生物の働きで発酵させるお茶もあり、後発酵茶と呼ばれます。
日本では富山周辺で作られるバタバタ茶(黒茶)や四国の碁石茶などが有名です。